1号〜5号

北方民族文化シンポジウムの1号から4号は網走市の発行です。

第1回シンポジウム報告【第1号】 昭和63(1988)年2月20日発行   [シンポジウム日程 1986年10月15日〜10月17日]

International Symposium on Maritime Adaptations in the North Pacific.
北方民族文化シンポジウム:北太平洋圏における海への適応

「北太平洋圏の生態系について」 (フリーマン、ミルトン M.R.) pp.5-18
The North Pacific Marine Ecosystem. (Freeman, Milton M.R.) pp.5-18

「南アラスカの海洋適応」 (アレン=P.=マッカートニー) pp.19-56
Maritime Adaptations in Southern Alaska. (McCartney, Allen P.) pp.19-56

「北海道先史時代の海洋適応」 (西本豊広) pp.57-60
Maritime Adaptations in Hokkaido Prehistory. (Nishimoto, Toyohiro) pp.57-60

「装飾品と適応ストレス」 (スチュワート ヘンリ) pp.61-64
Environmental Stress and Decorated Artefacts. (Stewart, Henry) pp.61-64

「東南アラスカ及びカナダ隣接地における先史時代の海洋適応」 (チャールズ=E.=ホームズ) pp.65-76
Prehistoric Maritime Adaptations in Southeast Alaska and Adjacent Canada. (Holmes, Charles E.) pp.65-76

「内陸アラスカと北太平洋地域」 (小谷凱宣) pp.77-80
Significance of Interior Alaska for Understanding Culture History of the Northern Pacific Rim; Some Basis Problems. (Kotani, Yoshinobu) pp.77-80

「北洋沿岸文化圏の構想」 (渡辺仁) pp.81-82
Perspectives on the North Pacific Culture Complex. (Watanabe, Hiroshi) pp.81-82

「北米北西海岸における歴史時代の適応」 (ワレス=M.=オルソン) pp.83-96
Historical Adaptation on the Northwest Coast. (Olson, Wallace M.) pp.83-96

「ギリヤーク(ニヴフ)−海洋適応のひとつの例 (黒田信一郎) pp.97-98
The Gilyak [Nivkh]−One Case Related to the Maritime Adaptation. (Kuroda, Shin'ichiro) pp.97-98

「海岸狩猟漁撈民の社会組織:トナカイ遊牧民との比較において」 (佐々木史郎) pp.99-104
Social Organizations of the Hunter-Fishers on the Siberian Coast. (Sasaki, Shiro) pp.99-104

「環境と言語:アリュート語に表れた環境観(陸と海)」 (大島稔) pp.105-108
Land and Sea: Aleut View of Environment. (Oshima, Minoru) pp.105-108

第2回シンポジウム報告【第2号】 平成元(1990)年2月20日発行   [シンポジウム日程 1988年2月23日〜2月25日]

International Symposium on Human - Animal Relationship in the North.
北方民族文化シンポジウム:北の民族と生活−人と動物のかかわり

「北方狩猟・採集民の生活にとって動物とは」 (ミルトン=M.R.=フリーマン) pp.5-12
The Significance of Animal in the Life of Northern -foraging Peoples and its Relevance Today. (Freeman, Milton M.R.) pp.5-12

「新博物館への期待:シンポジウムの目的と関連して」 (小谷凱宣) pp.13-15

「動物と人間のかかわり:問題点と展望」 (スチュアート ヘンリ) pp.17-19
Relationship between Animal and Man. (Stewart, Henry) pp.17-19

「本シンポジウムが目指すもの」 (大泰司紀之) p.21
The Goal of the Symposium. (Ohtaishi, Noriyuki) p.21

「北太平洋地域の先史文化における海獣狩猟の発達について」 (ウィリアム=ワークマン) pp.23-42
The Development of Sea Mammal Hunting among the Prehistoric North Pacific Cultures. (Workman, William) pp.23-42

「ホットスプリング遺跡における動物利用」 (岡田淳子) pp.43-53
Use of Animals at the Hot Springs Village Site. (Okada, Atsuko) pp.43-53

「ギリヤークの世界観と動物たち−<犬>表象の象徴的な多義性」 (黒田信一郎) pp.55-69
Animals in the Gilyak Cosmology; The Dog as a Polysemic Symbolic Concept. (Kuroda, Shin'ichiro) pp.55-69

「北西海岸インディアンの神話における動物」 (益子待也) pp.71-74
Animals in the Northwest Coast Indian Mythology. (Mashiko, Machiya) pp.71-74

「北ベーリング海およびチュクチ沿岸におけるアラスカ捕鯨共同体の生業戦略と資源安定性」 (サム=W.=ストーカー) pp.75-82
Subsistence Strategy and Resource Stability for Alaskan Whaling Communities of the North Bering Sea and Chukchi Coast. (Stoker, Sam W.) pp.75-82

「オホーツク海沿岸における海獣狩猟について」 (西本豊弘) pp.83-84
Sea Mammal Hunting on the Okhotsk Sea Coast. (Nishimoto, Toyohiro.) pp.83-84

「サケ科魚類の分布と資源量」 (前川光司)  pp.85-86
Distribution and Resources of Salmonid. (Maekawa, Kouji) pp.85-86

「オホーツク海南部の鰭脚類:特にアザラシ類の生態について」 (宇野裕之、山中正実、渡部裕) pp.87-92
Pinnipeds in the Southern Okhotsk Sea Coast. (Uno, Hiroyuki , Masami Yamanaka, and Yutaka Watanabe) pp.87-92

「アラスカ・キバリナ地域の資源利用形態」 (ステーブ=R.=ブラウンド、ディビッド=C.=バーンナム) pp.93-111
Kivalina, Alaska Subsistence Use Patterns. (Braund, Stephen R. and David C, Burnham) pp.93-111

「現在の動物相からみたオホーツク文化期の狩猟・漁撈について」 (大泰司紀之) pp.113-120
Hunting and Fishing by the Prehistoric Okhotsk People as seen from the Present Fauna. pp.113-120

「網走の捕鯨社会における捕鯨の文化的意義:贈与交換制度における鯨産物の役割」 (岩崎まさみ) pp.121-127
Cultural Significance of Whaling in a Whaling Community in Abashiri-Role of Whale Products in Gift-Exchange Custom. (Iwasaki, Masami) pp.121-127

【第3号】 平成2(1990)年3月31日発行   [シンポジウム日程 1989年2月21日〜2月23日]

International Symposium on Subsistence Fishing among Northern Peoples.
北方民族文化シンポジウム:北方民族の漁撈をめぐる文化−捕獲・利用技術と文化・社会

「北アメリカ北西海岸地域の民族について:概説」 (G.=マクドナルド) pp.1-9
A Perspective on North Pacific Fishing People from the Northwest Coast of America. (MacDonald, George F.) pp.1-9

「アラスカ・コディアック島における先史時代の漁撈社会の発達について」 (R.=ジョーダン) pp.10-26
The Prehistoric Development of Native Harvesting Societies from Kodiak Island, Alaska. (Jordan, Richard H.) pp.10-26

「先史人類の植物の炭素安定同位体:北海道とカナダ西海岸との比較」 (B.=チゾム、小池裕子) pp.27-28
Stable Carbon Isotopic Studies of Prehistoric Human Diet: Comparisons between Hokkaido, Japan and the West Coast of Canada. (Chisholm, Brian and Hiroko Koike) pp.27-28

「日本の沿岸漁業における資源管理」 (ショート、ケビン) pp.29-32
Artisanal Fisheries and Marine Resource Management in Japan. (Short, Kevin MacEwen) pp.29-32

「北海道の伝統的漁撈について」 (宇田川洋) pp.33-35
Traditional Plankboat-building of the Sakhalin-Ainu. (Utagawa, Hiroshi) pp.33-35

「オホーツク海沿岸の漁撈について」 (金盛典夫) pp.36-40
Prehistoric Fishing on the Okhotsk Coast (1). (Kanamori, Norio) pp.36-40

「考古学的資料kらみたオホーツク海沿岸の漁撈について」 (椙田光明) pp.41-46
Prehistoric Fishing on the Okhotsk Coast (2). (Sugita, Mitsuaki) pp.41-46

「小型沿岸捕鯨における近年の変化」 (岩崎まさみ) pp.47-57
Recent Changes in Small-type Whaling Communities in Abashiri. (Iwasaki, Masami) pp.47-57

「遺構からみた北アメリカ北アメリカ北西海岸地域における漁撈」 (S.=ラングドン) p.58
Fishing on the Northwest Coast of North America: Understanding the Past from Structural Remains. (Langdon, Steve J.) p.47-57

「太平洋岸アイヌの海漁:白老・静内地方のシリカプ漁を中心に」 (伊藤裕満) p.59
Fishing on the Pacific Coast; the Catches of Swordfish at Shiraoi and Shizunai. (Itoh, Hiromitu) p.59

【第4号】 平成3(1991)年3月30日発行   [シンポジウム日程 1990年2月19日〜2月21日]

International Symposium on Dietary and Housing Aspect of Northern Peoples.
北方民族文化シンポジウム:北の食と住

「北太平洋地域の先史時代における内陸および海岸住民の文化的関係」 (R.=アッカーマン) pp.1-11
Prehistoric Culture Relations among the Interior and Coastal Peoples of the North Pacific Region. (R. Ackerman) pp.1-11

「トリンギッド・インディアンの食と住」 (W.=オルソン) pp.12-20
Diet and Dwellings of the Tlingit Indians. (Olson, W.) pp.12-20

「ユピック=エスキモーの生業と居住にみる社会組織」 (L.=アッカーマン) pp.21-27
The Social Organization of Subsistence and Housing among the Yupik Eskimo. (Ackerman, L.A.) pp.21-27

「生業活動をこえるもの:野性資源の獲得とアラスカ原住民の文化的・社会的アイデンティティー」 (L.=エランナ) pp.21-27
More than Subsistence:The Harvest of Wild Resources and Alaska Native Cultural and Social Identity. (Ellanna, L.) pp.21-27

「現代トナカイ民族の衣・食・住:スカンジナビアのサミ人の場合」 (葛野浩昭) pp.38-44
Contemporary Reindeer- People's Food, Clothing and Shelters: Cultures of Scandinavian Sami (Lapp). (Kuzuno, Hiroaki) pp.38-44

「アイヌ民族の食生活」 (岡田路明) pp.45
Dietary Habits of the Ainu People. (Okada, M.) pp.45

「食糧・女性・世界観:中部極北カナダの伝統的イヌイット社会における食料の捕獲と分配」 (スチュアート ヘンリ)pp.46-50
Food・woman・cosmology; Azquisitiion and Sharing of Food in Traditional Inuit Society. (Stewart, H.) pp.46-50

「アイソトープよりみる北方採集・漁撈・狩猟民の食生態」 (南川雅男) pp.51-61
Food Ecology of Northern Hunter-Fisher-Gathereres: An Evaluation from Stable Carbon and Nitrogen Isotope Analysis. (Minagawa, M.) pp.51-61

「鯨の食糧利用に関する人類学的考察−日本の小型沿岸捕鯨とアラスカ・エスキモーの捕鯨との比較」 (岩崎まさみ) pp.62-70
Utilization of Whale Resource for Human Food: Comparative Study of Japanese Small-Type Coastal Whaling and Alaskan Eskimo Whaling. (Iwasaki, Masami) pp.62-70



5号からの発行は財団法人北方文化振興協会

第5回シンポジウム報告書表紙【第5号】 平成3(1991)年3月20日発行   [シンポジウム日程 1991年2月20日〜2月22日]

第5回北方民族文化シンポジウム:北方の狩猟儀礼
5th International Abashiri Symposium: Hunting Rituals of Northern Peoples

「北方民族の狩猟儀礼におけるシャマンの役割」 (大林太良) pp.1-10
The Shaman's Role in the Hunting Rituals of Northern Peoples. (Obayashi, Taryo) pp.1-10

「動物の送り儀礼とその世界観」 (荻原眞子) pp.11-16
Preliminary Notes on Ritual of Sending-off Animals and its Ideology. (Ogihara, Shinko) pp.11-16

「動物の主、サミの狩猟儀礼」 (ルイズ ベックマン) pp.17-24
The Master of the Animal: On Hunting Rites among the Saami. (Backman, Louise )

「ニブフの狩猟儀礼」 (C.M.タクサミ) pp.25-31
The Traditional Nivkh's Hunter's Ceremony. (C.M.Taksami) pp.25-31

「狩猟文化からみた満州東北部住民の系譜 −15世紀から17世紀−」 (佐々木史郎) pp.32-40
Hunting Tradition of the Peoples of the North-Eastern Manchuria - from 15th Century to 17th Century. (Sasaki, Shiro) pp.32-40

「熊解体儀礼(特に臓器供儀)とその周辺 −北陸の事例を中心として−」 (森俊) pp.41-51
The Bear-Butchering Rite with a Special Reference to the Hokuriku Region North-Central Japan. (Mori, Takashi)

「強制された狩猟 −ツングース系諸族のコスモロジーとの関連」 (黒田信一郎) pp.52-62
Forced Hunting - in Reference to Cosmology of the Tungus Groups. (Kuroda, Shin'ichiro) pp.52-62

「力の象徴としての狩猟者の衣服」 (リディア T. ブラック) pp.63-67
The Hunter's Dress as Metaphor of Power. (Lydia T. Black) pp.63-67

「北部アサバスカン・インディアンの狩猟儀礼と神話」 (煎本孝) pp.68
Hunting Ritual and Myth of Northern Athapaskans. (Irimoto, Takashi) pp.68

 

 6号〜10号  11号〜15号 16号〜20号 21号〜

 

北海道立北方民族博物館 〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido 093-0042 JAPAN FAX+81-152-45-3889