平成28年度(2016)

 ロビー展 音を奏でる狩猟具 枡谷隆男のシカ笛コレクション

【会 期】 平成28年4月14日(木)〜5月12日(木)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館、

【内 容】 札幌在住の鹿笛研究家の枡谷隆男氏が収集した世界各地のシカ笛やその関連資料を展示します。

シカ笛はシカの鳴き声をまねた音を鳴らすもので、シカをおびき寄せたり、シカに警戒されずに人間が近づくために用いられる狩猟具です。

【観覧料】 無料

関連事業(1) 
講習会 シカ笛づくり
身近な材料で簡単にできるシカ笛づくりを体験し、音を鳴らしてみましょう。
三種類のシカ笛をつくります。
4月16日(土)午後2時〜4時
参加費(保険代) 100円
定員 20名
対象 小学生〜一般
講師 枡谷隆男氏(鹿笛研究家)

関連事業(2) 
講座 世界のシカ笛 狩猟と音楽の源流を求めて
シカ笛研究をとおして狩猟と音楽の起源を探求し、世界各地のシカ笛を
収集してきた講師が、世界のさまざまなシカ笛の特徴について
実演も交えながら紹介します。
4月17日(日)午前10時30分〜12時
参加費 無料
定員 50名
対象 一般
講師 枡谷隆男氏(鹿笛研究家)

主担当 山田祥子(学芸グループ)

 移動展 カナダ・イヌイトの壁掛け展 〜 フェルトが紡ぐ極北のくらしと文化

【会 期】 平成28年4月23日(土)〜5月22日(日)

【会 場】  北網圏北見文化センター

【主 催】 北海道立北方民族博物館、北見市教育委員会北網圏北見文化センター

【観 覧】 無料

 

 

主担当 笹倉いる美(学芸グループ)

 移動展 極北の芸術家 カナダ・イヌイトの版画展

【会 期】 平成28年4月27日(土)〜5月29日(日)

【会 場】  斜里町姉妹町友好都市交流記念館ホール(斜里町立知床博物館)

【主 催】 北海道立北方民族博物館、斜里町立知床博物館

【観 覧】 無料

 

主担当 野口泰弥(学芸グループ)

 ロビー展 サハ共和国からのおくりもの 針生幸子寄贈コレクションより

【会 期】 平成28年5月21日(土)〜7月3日(日)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

主担当 中田篤(学芸グループ)

 第31回特別展 
北からの文化の波 北海道の旧石器からオホーツク文化まで

【会 期】 平成28年7月16日(土)〜10月16日(日)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【協 力】 大空町教育委員会、市立函館博物館、北海道大学、礼文町教育委員会、熊木俊朗氏、小林貢氏、中沢祐一氏、長沼正樹氏、長谷部一弘氏、福田正宏氏、藤澤隆史氏

【観覧料】 一般450(300)円 65歳以上300円 高校・大学生200(160)円

(常設展示とのセット) 一般800(740)円 65歳以上300円、高校・大学生320円

※( )内は10名以上の団体料金

【関連事業】

7月16日 講座「人類の進化と北方への進出 考古学の証拠から」
7月24日 講座「オホーツク文化の骨角製品と展示解説」
7月30日 はくぶつかんクラブ「土器づくり」
8月6日 はくぶつかんクラブ「考古学入門シリーズ 縄文土器の文様づくり」
8月20日 講座「北米国の先史文化の誕生と北海道の旧石器文化」
9月3日 講習会「オホーツク文化のトナカイ角彫刻を作る」
9月17日 講座「北海道博物館紀行 羅臼町郷土資料館」

主担当 種石悠(学芸グループ)

 ロビー展 北で編まれるバスケット

【会 期】 平成28年10月29日(土)〜11月27日(日)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

主担当 笹倉いる美(学芸グループ)

 ロビー展 東京農業大学術情報課程実習成果展示 「食べられる蟲たち」

【会 期】 平成28年12月3日(土)〜12月18日(日)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館、東京農業大学学術情報課程(オホーツクキャンパス)

 ロビー展 オホーツクシリーズ10 北の状景から

【会 期】 平成29年1月7日(土)〜1月26日(木)

【会 場】  北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【出 展】 宮崎健、小西正敏、森田洋行、川島宏司、村井透

【観 覧】 無料

主担当 中田篤(学芸グループ)

 企画展 ボレアルフォレスト(北米針葉樹林)の狩猟民 アサバスカ・インディアンの暮らし

【会 期】 平成29年2月4日(土)〜4月2日(日)

【会 場】 北方民族博物館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【観 覧】 無料

今回の企画展では北アメリカのボレアルフォレストに暮らすアサバスカ・インディアンの暮らしを紹介します。北アメリカのおよそ北緯50度以北、内陸アラスカからカナダにわたる広い範囲にボレアルフォレストと呼ばれるトウヒやカラマツが生い茂る広大な北方針葉樹林が形成されています。この地域には、ユーコン川、マッケンジー川などの大河に加え、無数の湖沼や湿原が点在し、ヘラジカ、カリブー(トナカイ)、ハイイログマ、ビーバー、カンジキウサギなど多様な哺乳動物、河川を遡上するサケ類や湖沼のホワイトフィッシュなどの魚類が生息する豊かな生態系が形成されています。

主担当 野口泰弥(学芸グループ)

 

北海道立北方民族博物館 〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido 093-0042 JAPAN FAX+81-152-45-3889