6号〜10号

『北方民族文化シンポジウム報告書』 ISSN 0918-7715 
編集/北海道立北方民族博物館 発行/財団法人北方文化振興協会

第6回シンポジウム報告表紙【第6号】 平成4(1992)年2月20日発行   [シンポジウム日程 1991年11月6日〜11月7日]

第6回北方民族文化シンポジウム報告:定住と移動
The 6th International Abashiri Symposium: Sedentary and / or Migratory Life in the North.

「定住の人類史的意味」 (西田正規) pp.1-4
The Meaning of Sedentism in the Human History. (Nishida, Masaki) pp.1-4

「スイベル(転環)−極北圏の動物飼育に特有な技術」 (ウーラ=ヨハンセン) pp.5-12
The Swivel: A Technic Peculiarity of the Circumpolar Animal-Breeding. (Johansen, Ulla C.) pp.5-12

「トナカイ遊牧系サミ人と定住漁撈・狩猟系サミ人の社会関係」 (葛野浩昭) pp.13-26
Social Relationships between Reindeer-Lapps and River-Lapps in Utsjoki, Northern most Finnish Lapland. (Kuzuno, Hiroaki) pp.13-26

「シベリア諸民族の移動生活の類型:伝統的な様式と近代の変容」 (イーゴリー=クループニック) pp.27-40
Classification of Siberian Nomadism: Traditional Patterns and Modern Transformation, (Krupnik, Igor I.) pp.27-40

「アイヌの海獣狩猟と定住性:斜里、網走地方アイヌを中心に」 (渡部裕) pp.41-51
Marine Mammal Hunting and Sedentarism in the Ainu of Shari and Abashiri. (Watanabe, Yutaka) pp.41-51

「季節的移動と住み替え:西南アラスカの事例」 (岡田淳子) pp.53-61
Seasonal Migration and Residence Moving. (Okada, Atsuko) pp.53-61

「北アメリカ北方地域の先史及び伝統文化における移動と定住の関係」 (ウイリアム=ワークマン) pp.63-74
Some Implications of Mobility and Sedentarism in the Prehistoric and Traditional Cultures of Northern North America. (Workman, William B.) pp.63-74

「定住と生業:ネツリック・イヌイットの伝統的生業活動と食生活にみる継承と変化」 (スチュアート ヘンリ) pp.75-85
Sedentarism and Subsistence Activities: Continuity and Change of Traditional Netsilik Inuit Subsistence and Foodways. (Stewart, Henry) pp.75-85

「カショーゴティネ(ヘアー・インディアン)における定住と移動」 (原ひろ子) pp.87-93
Settlement and Migration among K'asogot'ine (the Hare Indians) up to 1963 (Hara, Hiroko) pp.87-93

【第7号】 平成5(1993)年2月20日発行   [シンポジウム日程 1992年11月12日〜11月13日]   

第7回北方民族文化シンポジウム報告:北方の精神文化における動物
The Proceedings of the 7th International Abashiri Symposium: Animals in Spiritual World of Northern Peoples.

「北太平洋諸民族の狩猟儀礼における芸術と図像」 (ウイリアム=W.=フィッツュー) pp.1-13
Art and Iconography in the Hunting Ritual of North Pacific Peoples. (Fitzhugh, William W,) pp.1-13

「伝統的なカナダ・イヌイット社会の精神世界における犬」 (岸上伸啓) pp.15-26
Dogs in the Spiritual World of Traditional Inuit Society of Canada; with Special Reference to Dogs in the Traditional Netsilik Inuit Society. (Kishigami, Nobuhiro) pp.15-26

「食べることと食べられること」 (益子待也) pp.27-34
Eating and Being Eaten: Animals in the Mythological Imagination. (Mashiko, Machiya) pp.27-34

「北部シベリア諸民族の精神世界における動物」 (ゾーヤ=P.=ソコロヴァ) pp.35-41
Animals in the Spiritual World of North Siberian Peoples: Theoretical Aspects of Studying Zoolatry. (Sokolova, Zoja P.) pp.35-41

「シベリアの異類婚姻譚」 (斎藤君子) pp.43-54
Animals in Folktales of Siberian Peoples. (Saito, Kimiko) pp.43-54

「北方民族とヒキガエル (サハリン、アムール川流域) pp.55-58
Northern Peoples and Toads (Sakhalin and Amur Regions.) pp.55-58

「オーディンと動物変身」 (ウルフ=ドゥロビーン) pp.59-68
Odin and Animal Transformations. (Drobin, Ulf) pp.59-68

「北欧の岸壁画と鹿崇拝」 (前田潮) pp.69-72
Rock-Art and Elk-Cult in Prehistoric Northern Europe. (Maeda, Ushio) pp.69-72

「アイヌ絵にみる動物」 (佐々木利和) pp.73-
The Animals Seen in the Ainu-E. pp.73-

第8号シンポジウム報告書表紙【第8号】 平成6(1994)年3月25日発行   [シンポジウム日程 1993年11月11日〜11月12日]

第8回北方民族文化シンポジウム報告:北方針葉樹林帯の人と文化
The Proceedings of the 8th International Abashiri Symposium: Peoples and Cultures of the Boreal Forest.

「シベリアのタイガと先住民文化」 (斎藤晨二) pp.1-5
Siberian Taiga and Native Culture. (Saito, Shinji) pp.1-5

「東部ベリンジアの北方針葉樹林帯における先史文化に関する解釈的アプローチ」 (E=ジェームス=ディクソン) pp.7-19
The Prehistory of the Boreal Forest of Eastern Beringia: An Interpretative Approach. (Dixon, E. James) pp.7-19

「ブッシュとタウンの結合:フォート・チップワイアンにおける先住民の複合経済」 (パトリシア=A.=マコーマック) pp.21-33
Linking Bush and Town: The Mixed Economy of the Aboriginal Peoples of Fort Chipewyan. (McCormack, Patricia A.) pp.21-33

「日本海沿岸地域における更新世末から完新世初期の移行期の文化について」 (梶原洋、横山裕平) pp.35-58
On the Cultural Tradition at the Transitional Period between the Closing Stage of the Pleistocene and the Opening Stage of the Holocene around the Seaboards of the Japan Sea. (Kajihara, Hiroshi and Yokoyama, Yuhei) pp.35-38

「アムール川流域およびサハリン先住民における民族期限と社会構造に関する諸問題」 (アンナ=V.=スモリャーク) pp.59-64
Problems of Ethnogenesis and Social History of the Aboriginals of the Amur Basin. (Smolyak, Annna V.) pp.59-64

「トゥングース系諸族の英雄叙事詩:いわゆる北方トゥングースとアムール・トゥングースの比較研究に向けて」 (荻原眞子) pp.65-75
Heroic Epics of Tungus-peoples: Notes on Comparative Studies of so to Speak Northern-Tungus and Amur-Tungus. (Ogihara, Shinko) pp.65-75

「ロシア極東の先史文化」 (臼杵勲) pp.77-87
Prehistoric Cultures in Russian Far East. (Usuki, Isao) pp.77-87

「森林と疎遠な文化・親密な文化:北海道の擦文文化とオホーツク文化」 (青柳文吉) pp.89-98
Culture with Little Relation to Forests and Culture Closely Related to them: the Satsumon Culture and the Okhotsk Culture in Hokkaido. (Aoyagi, Bunkichi) pp.89-98

「アイヌ語の諸方言にみられるpaとcaの対応:言語地理学的研究の一例」 (切替英雄) pp.99-113
pa/ca Correspondence between Ainu Dialects: A Linguistic-Geographical Study. (Kirikae, Hideo) pp.99-113

【第9号】 平成7(1995)年3月25日発行   [シンポジウム日程 1994年11月9日〜11月10日]

第9回北方民族文化シンポジウム:ツンドラ地域の人と文化
The 9th International Abashiri Symposium; People and Cultures of the Tundra.

「北部エニセイ諸民族文化の生態」 (エフゲーニア=A.=アレクセィェンコ) pp.1-5
Ecology of the Culture of the North Yenisei Peoples. (Alekseenko, Evgenia A.) pp.1-5

「サミの文化−生業と環境」 (ベングト=ローゼン) pp.7-14
The Sami Culture, Subsistence and Landscape Ecology. (Rosen, Bengt) pp.7-14

「ツンドラのトナカイ多頭飼育の二つの様相:ネネツとチュクチの比較」 (佐々木史郎) pp.15-22
Two Tymes of Large-Scale Reindeer Breeding in North Eurasian Tundra: The Nenets and the Chukchi. (Sasaki, Shiro) pp.15-22

「イヌイト経済に関する考古学的考察」 (ディビッド=モリソン) pp.23-35
An Archaeological Perspective on Inuit Economies. (Morrison, David) pp.23-35

「現代のネツリック・イヌイット社会における生業活動:生存から文化的サバイバルへ」 (スチュアート ヘンリ) pp.37-67
Topographical Acumen and Subsistence in Netsilik Inuit Society; The Relation between Subsistent Activity and Congnitive Organization. pp.37-67

「ネツリック・イヌイットの地理感覚と生業生活域(テリトリー)生業活動と人間の認知機構との関係について」 (大村敬一) pp.69-90
Topographical Acumen and Subsistence in Netsilik Inuit Society; The Relation between Subsistent Activity and Congnitive Organization. (Omura, Keiichi) pp.69-90

「ツンドラおよび森林ツンドラに見られる宗教的世界観の合理的役割:トナカイ遊牧民エウェンの事例」 (スペヴァコフスキー、アレクサンドル) pp.91-94
Rational Role of the Religious World View in the Tundra and Forest - Tundra Zones: A Case of Even - Reindeer Herders. (Spevakovsky, Alexander B.) pp.91-94

「極北地帯のエスノボタニー:イヌイット、ユッピック社会における植物利用」 (高柴修一) pp.95-109
Ethnobotany in the Arctic: Plants Usage in Inuit and Yup'ik Societies. (Takashiba, Shuichi) pp.95-109

「極北地域における毛皮革の利用と技術」 (齋藤玲子) pp.111-126
Use of Fur and Leather in the Arctic. (Saito, Reiko) pp.111-126

第10回シンポジウム報告書表紙【第10号】 平成8(1996)年3月29日発行   [シンポジウム日程 1995年10月20日〜10月21日]

第10回北方民族文化シンポジウム:北方の島嶼における人と文化
The 10th international Abashiri Symposium: Peoples and Cultures in the Northern Islands.

「千島列島の遺跡分布と環境適応について」 (山田悟郎) pp.1-18
The Distribution of the Archaeological Sites and Environmental Human Adaptation in the Kuril Islands. (Yamada, Goro) pp.1-18

「千島アイヌの精神世界にみる海への適応」 (佐々木亨) pp.19-39
Maritime Adaptations Seen in the Spiritual World of the Kuril Ainu. (Sasaki, Toru) pp.19-39

「カナダ・中部極北圏の島嶼におけるチューレ期エスキモーの捕鯨体系」 (ジェイムズ=サベル) pp.41-56
Thule Eskimo Whaling Systems in the Canadian Arctic Islands. (Savelle, James M.) pp.41-56

「コディアク島−アラスカの豊かな島の文化生態学」 (ドナルド=クラーク) pp.57-67
Kodiak; Cultural Ecology of a Rich Alaskan Island. (Clark, Donald W.) pp.57-67

「高緯度環境における島嶼の生物地理学と人口の持続性−アリューシャン列島およびティエラ・デル・フエゴの事例」 (ディビット=イエスナー) pp.69-84
Island Biogeography and Human Population Persistence in High Latitude Environments: Examples from the Aleutian Islands and Tierra del Fuego. (Yesner, David R.) pp.69-84

「民族誌からみたアリュートの生業と文化」 (大島稔) pp.85-94
Subsistence and Culture of the Aleuts as Island Dwellers; Ethnographical Viewpoint. (Oshima, Minoru) pp.85-94

 

 1号〜5号

 11号〜15号 16号〜

北海道立北方民族博物館 〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido 093-0042 JAPAN FAX+81-152-45-3889