121号〜
『北海道立北方民族博物館友の会季刊誌』 ISSN 0917-9003 編集・発行 一般財団法人北方文化振興協会


121号 2021.12.17

*巻頭エッセイ 心覚えの北ものがたり ツンドラの究極のリサイクル(呉人惠)
*特集 北日本の中・近世史7
 サハリン島のアイヌ乙名−中国の支配から日本の支配へ(東俊佑)
*アングル北方発 暗い冬の明るい季節(林直孝)
*ヤランガに雁のとまる時 樹木神と船神(北原モコットゥナ
*FIELD NOTE アイヌ語鵡川方言の言語ドキュメンテーション(岸本宜久)
:BOOKS「羆撃ち久保俊治 狩猟教書」
*北の旅日記 「セラヴィック」ではフリーザーバッグを忘れずに!内陸アラスカのクリスマス行事(近藤祉秋)

 

 


122号 2022.3.18

*巻頭エッセイ 心覚えの北ものがたり トナカイ遊牧民の石ころ崇拝(呉人惠)
*特集 北日本の中・近世史8
 時代区分論から考える「中・近世」の「北日本」(谷本晃久)
*アングル北方発 くり返す自然、一瞬の私たち、わからない世界(林直孝)
*ヤランガに雁のとまる時 口承文芸の舞台(北原モコットゥナ
*FIELD NOTE 絶滅危惧種カワシンジュガイとアイヌ語地名(三浦一輝)
:BOOKS「俺のアラスカ 伝説の”日本人トラッパー”が語る狩猟生活」
*北の旅日記 調査地の滋味(内山幸子)

 

 


123号 2022.6.17

*巻頭エッセイ 心覚えの北ものがたり
  「おばあさん」石が見つめるツンドラの過去と未来(呉人惠)
*特集 北日本の近・現代史1
 箱館戦争の考古学的研究−土方歳三の防衛戦略−(石井淳平)
*アングル北方発 
  生活の一部から生まれた地名、イリアムナ湖畔に群集するパイクレイク、アラスカ (久郷洋子)
*ヤランガに雁のとまる時 口承文芸とシャマニズム(北原モコットゥナ
*FIELD NOTE フィールドワークの力−「私」を自覚してその先へ進む(是澤櫻子)
:BOOKS「トナカイの大地、クジラの海の民族誌 ツンドラに生きるロシアの先住民チュクチ」
*北の旅日記 「アイヌ学校」の歴史をだどる(小川正人)

 



124号 2022.9.22

*巻頭エッセイ 心覚えの北ものがたり ツンドラの動物資源観 (呉人惠)
*特集 北日本の近・現代史2
 網走本線と戦前の二大政党(井上敬介)
*アングル北方発 
 アラスカでの冬支度の一つ、ベリー摘み(久郷洋子)
*ヤランガに雁のとまる時 人格神の足跡を辿る旅(北原モコットゥナ
*FIELD NOTE 縄文時代の人と植物との関係史を探る−ウルシと漆文化を中心に(工藤雄一郎)
:BOOKS「図解 人類の進化 猿人から原人、旧人、現生人類へ」
*北の旅日記 はるかなるカムチャツカ半島の思い出(岸上伸啓)

 

 

 

第111号〜第120号

北海道立北方民族博物館 〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido 093-0042 JAPAN FAX+81-152-45-3889