〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido
093-0042 JAPAN  


最終更新日2021年12月4日

 

 臨時閉館や開館時間変更がある場合は、ツイッターFacebookでお知らせします。


 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、音声ガイドの貸し出しを中止しています。そのためにお持ちのスマートフォン用音声ガイド(日本語・英語)の試作版をお聴きになれるようにしました。館内に表示しているQRコードをよみとって音声ガイドにアクセスしてください。なお常設展示室内ではWi-Fiは使えません。通信料金はご負担ください。 ※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。(2020.9.8)

 

利用案内

 

 

  団体予約について

 新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。

  北海道立北方民族博物館再開にあたっての取組について

  来館者のみなさまへのお願い

1.検温を行います。37.5℃以上の発熱がみとめられた場合、入館をお断りいたします。
2.当館で新型コロナウイルス感染が発生した場合、ご来館された方に連絡することに備え、(1)「来館者カード」または(2)「北海道コロナ通知システム」のいずれかにより連絡先の登録をお願いしています。

(1)来館者カード…来館者カードには来館日時、代表者氏名、連絡先電話番号、人数を記入いただきます。個人情報は保健所等の公的機関へ提供する場合があります。
  用紙は博物館受付に用意していますが、下記よりダウンロードした来館者カードに事前にご記入、印刷のうえご持参くださってもかまいません。

  来館者カード(フォームから入力できない場合は一度ダウンロードして入力するか、印刷して手書きしてください)

(2)北海道コロナ通知システム…館内に設置のQRコードにより携帯電話からメールアドレスを登録ください。

  北海道コロナ通知システムの概要はこちら。(登録はご来館時にお願いします)

3.混雑時には入館にお時間をいただく場合があります。
4.手指の消毒をお願いしています。館内各所に消毒液を置いていますので、ご利用ください。トイレでの手洗いには石けんをご利用ください。ジェットタオルは停止しています。
5.マスクの着用をお願いします。マスクをお持ちではない方には、簡易マスクの用意があります。
6.他の来館者と十分な距離(2m程度)をとったうえ、会話を控えてご観覧ください。

 

  北方民族博物館常設展示解説動画ほか

北海道ソーシャルディスタンシング
~今は、きょりをとって~

新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るために、お互いに手を伸ばしても届かない距離を保つ、「北海道ソーシャルディスタンシング」を道民運動として展開しています。あなたの大切な人の命を守るために、日々の行動で、いつもより少し距離を保つことに、ご協力をお願いします。

北海道のサイト  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/socialdistance.html

  


おうちから北方民族博物館をお楽しみください(サイト更新情報)

<2021>

 11/25 動画  第36回特別展 トナカイと暮らす:タイガの遊牧民たち

 7/1 学芸員の部屋  エッセイ 初めてのカイガン(前編)

 5/30 館長の部屋  エッセイ 裸足と徒歩で寒さ知らず

 5/16 動画 令和3年度ロビー展 A.V.スモリャーク写真展

 3/17 動画 企画展 アマゾン博士の北方紀行 

 1/8 動画 ロビー展 石の知る辺 

<2020>

 7/25 動画 サハの泡立て器「キョルチャハ」

 7/25 館長の部屋  エッセイ 大山鳴動

 7/24 資料紹介 草製人形

 6/11 北海道リモート・ミュージアム ロビー展『北方のキーストーン サケ』

 5/28 館長の部屋  エッセイ 越境する野生

 5/21 北海道リモート・ミュージアム ロビー展『北海道土産と木彫り熊』ロングバージョン

 5/17 館長の部屋  エッセイ 玉魂賜為

 5/13 北海道リモート・ミュージアム 常設展示解説

 5/8 学芸員の部屋  本紹介 『こころの人類学:人間性の起源を探る』

 5/6 研究協力員の部屋 北方民族の語り7 食文化

 5/6 学芸員の部屋  本紹介 『ヘラジカの贈り物 北方狩猟民カスカと動物の自然誌』

 4/30 研究協力員の部屋 北方民族の語り6 ~ふしぎの世界

 4/29 研究協力員の部屋 北方民族の語り5 ~語りをするとき

 4/29 学芸員の部屋  本紹介 『縄文時代の歴史』

 4/29 はくぶつかんクラブ ウイルタのやじろべえ

 4/28 研究協力員の部屋 北方民族の語り4 ~シベリア先住民族と八百万の神々

 

 

 

 

 

 おうちミュージアム

 

※日時の変更や中止になる場合もありますのでご了承ください。

 講習会 サミのひも織り (12/11) ※定員になりました。

 ロビー展解説会 (1/9)

 講習会 初めての歩くスキーツアー (1/15)

 ロビー展解説会 (1/16)

 はくぶつかんクラブ かんじき体験 (1/22)

 講座 土器からみた擦文文化の地域間交流道東部の遺跡群 (1/23)

 もよおしの詳細


 

網走で学べる郷土学習ガイドを発行しました

 網走郷土学習ガイド

 

 令和3年度(2021年度)の特別展示

 ロビー展 写真で振り返る日本のアラスカ調査
  会期 2021年10月30日(土)-12月12日(日)
  会場 北方民族博物館ロビー
  観覧料 無料

 



 ウェルカムケース サミの白樺こぶ製カップ



 

 

  ツイッター全体

 ここからfacebookフェイスブックへ

利用案内

12月・1月の休館日

 12/1(水)、12/6(月)、12/13(月)、12/20(月)、12/27(月)、
 12/29(水)~1/3(月)、 1/11(火)、1/17(月)、1/24(月)、1/31(月)
 
  令和3年度(2021年度)カレンダー

開館時間

 午前9時30分~午後4時30分(7-9月は午前9時00分~午後5時00分)

観覧料

【常設展示観覧料】
 一般 550[440]円
 高校生・大学生 200[160]円
 ※[]内は10名以上の団体の場合

小中学生・65歳以上・障害のある方及びその引率者などは免除になります。
高校生は毎週土曜日、学校での利用の場合は免除になります。
※証明できるものをお持ちくだい。障害者手帳アプリなどの各種アプリもご利用になれます。

高校生は毎週土曜日、学校での利用の場合は免除になります。

  常設展示観覧料の割引の詳細 

  免除規定の詳細

交通案内

最寄りの空港は女満別空港(約15km)です。
網走駅・バスターミナルからは網走バス施設めぐり線 
タクシーは網走駅から1700円(冬期は2000円)程度です。

  交通案内の詳細

問い合わせ先

〒093-0042 網走市字潮見309-1
電話 0152-45-3888
ファックス 0152-45-3889
   

 プライバシーポリシー

参加者募集 電話0152-45-3888で申し込みを!  

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日時の変更や中止になる場合もありますのでご了承ください。

講習会 初めての歩くスキーツアー 

日時 2022年1月15日(土)10:00-12:00   
会場 道立オホーツク公園 センターハウス集合(網走市字潮見297-2)
講師 中田篤(当館主任学芸員)ほか
定員 12名(要申し込み)
対象 小学生以上(小学生の場合は保護者の同伴が必要です)
参加料 100円(保険料)
持ち物 手袋、帽子、体温調整できる服装、可能であればサングラスまたはスキーゴーグル

※道民カレッジ連携講座

ロビー展解説会「道東の擦文文化」

日時 2022年1月16日(日)13:30-14:00   
会場 北方民族博物館ロビー(講堂集合)
講師 種石悠(当館学芸員)
定員 20名(要申し込み)
対象 一般
参加料 無料

はくぶつかんクラブ かんじき体験

日時 2022年1月22日(土)10:00-12:00   
会場 北方民族博物館(講堂集合)
講師 野口泰弥(当館学芸員)
定員 12名(要申し込み)
対象 小中学生
参加料 100円(保険料)
持ち物 冬用長ぐつ、着替え、タオル あたたかい服装でお越しください。

※道民カレッジ連携講座


(c)2000-2021
 


設置者 北海道教育委員会 (北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課 011-231-4111)
指定管理者 一般財団法人北方文化振興協会